家賃は低めに見繕うこと~高めに設定するとどうなるのか?

お部屋を決める時、絶対に逃れることができないのが家賃の問題です。どんなに「こんな部屋がいい」とは言えども・・・もちろん「まあ、このくらいの値段で」なんて言葉が後につきましょう。

さて、それを考えると、もちろん不動産会社からしても「どのくらいまで出すことができるのか?」ということが気になるはずです。その時に大切なのが・・・「低く見繕うこと」なのです。いきなり「7万くらいなら出せます」なんてことを言ってしまえば、もう7万円のものしか出してはくれないでしょう。おまけに「あと2千円出すことができるのなら・・・この物件がぴったりだと思いますよ」なんて、高い方がいいものがあるかのように言ってくるのです。

もちろん、2千円出すということは、それはぴったりの料金よりもいいものが出てくることでしょう。ですが、そんなものにやられてはいけないのです。だからこそ、まずは低めに設定しておくこと。そうでなければ足元を見られてしまうでしょう。低めに設定しておけば、向こうが同じ手を使ってきたとしても、払うことができる範囲になりましょう。

長いこと払っていくことなのですから、たとえば2千円だとしても・・・それは積み重なると大きな額になってしまいましょう。だからこそ、こちらの情報は簡単に出さないこと。決まるまでは「いい人」でいることです。言葉遣いにも気をつけて「この人はマナーのよさそうな人だ」なんて印象を与えることです。それができないようならいいものを紹介してはくれないかもしれません。

また、大家の方にもあなたの情報は回ってしまいますから、もっと家を決めるということに慎重になった方がいいでしょう。そういうことの積み重ねが・・・あなたの快適なお家に住むということを作ることができるのです。だからこそ、まずは何をするべきなのかというと、ちゃんと準備をすることがとても大切になってきましょう。簡単に足元を取られてはいけませんよ。

ソーラーパネルの寿命はどのくらいですか?

埼玉エリアに強い本格派seo!実績はこちら

ソーラーパネルの寿命はどのくらいですか?

着物買取大阪の買取専門スタッフ